炊飯器でお米の炊き上がりに違いはあるの?

調理

毎日ごはんを炊く炊飯器。どこのメーカーのものを使っていますか?家電量販店には各メーカーから様々な特徴を持つ炊飯器が所狭しと陳列されています。今回はそんな生活には欠かせない炊飯器について、メーカーごとの特色からお米の炊き上がりの特徴について、ご紹介いたします。

炊飯器の種類

炊飯器の種類は、全部で4種類あります。各種類の特徴は次のとおりです。

IH式炊飯器

現在の炊飯器の主流と言われるタイプ。電気を使った加熱方法の強い火力でお米を炊くことができます。釜全体にムラなく熱を伝えることができるのが特徴です。温め方がマイコンとは異なり、保温機能も優れている機種が多いと言われています。2食分一度に炊いて保温する方や、ごはんを美味しく味わいたい方におすすめのタイプです。

圧力IH式炊飯器

圧力により温度を高め、短時間で炊き上げる圧力炊飯と、電磁力によるIHの加熱を組み合わせた方式の炊飯器です。電気炊飯器の中では最も炊飯効率が高いと言われています。上位機種に多く、高性能かつ保温性能も優れた機種が多いのが特徴です。芯まで水分が浸透する為、ごはんが冷えても比較的もちもちとした食感を楽しむことが出来ます。玄米をやわらかく炊ける機種も出ているため、玄米を炊く方や毎日の食事にこだわりたい方、お弁当を美味しく仕上げたい方におすすめのタイプです。

マイコン炊飯器

本体価格の安さが最大の魅力。底のヒーターから釜に熱を伝えるため、熱の強さはIHに比べて劣ります。水に浸す時間が短く、硬めに炊き上がるため、硬めのご飯が好きな方はIHよりもおいしく感じる場合もあります。硬めのごはんが好きな方や保温機能を使わない方、一人暮らしで費用を抑えたい方におすすめのタイプです。

ガス炊飯器

ガスで炊き上げるタイプのため、炊き上げまでの時間が短いことが特徴です。火力の強い直火を使うガス炊飯は、最もおいしいといわれるかまど炊きに近いといわれ、あえてガス炊飯器を選ぶ人もいます。短時間で調理したい方や、かまど炊きのようなごはんを食べたい方におすすめのタイプです。

各メーカーのこだわりの比較

象印(ZOJIRUSHI)

https://www.zojirushi.co.jp/syohin/rice/ricecooker/nw-fa/spec.html#container

炊飯器を主力商品として展開するメーカーの象印。炊飯器のラインアップは多岐にわたります。ファミリー向けのモデルからひとり暮らし用まで幅広いニーズに対応しており、それぞれの好みの炊き上がりに合わせた細かい設定ができるのも特徴です。

象印がおいしいごはんを炊くための鍵と位置付けたのは、かまどの炎のゆらぎ。『炎舞炊き』では、炊飯器底のヒーターを3か所に分けることで、加熱する部分を集中させ、炎のゆらぎを再現していると言われています。大きな温度差により複雑な対流が発生し、釜の中をお米が激しく舞うことにより、ムラなくふっくらとお米を炊き上げることができます。

内釜である『豪炎かまど釜』には、アルミとステンレスの層に鉄が組み込まれており、高い蓄熱性と発熱効率、熱伝導を備えています。内側にはごはんの甘さのもと「還元糖」とうまみ成分「ブドウ糖」を引き出す、プラスプラチナコートをコーティングしています。釜のふちが厚く熱を逃がしにくいため、『炎舞炊き』の火力の強さを存分に生かすことができます。

パナソニック(Panasonic)

https://panasonic.jp/suihan/products/vsx1.html

パナソニックの炊飯器は美味しいごはんが炊き上がるまでの工程を5つに分けており、それぞれに独自の機能を備えています。強い圧力を生かした「ふっくらとした炊き上がり」を特徴としています。

異なる位置から交互に大火力で加熱することによる対流と、加圧と減圧を繰り返すことによる対流。このふたつの炊き技を使う『Wおどり炊き』は、釜の中で激しくお米が舞いつつ、火力と圧力の両方をかけることができます。それによりお米の一粒一粒にまで熱が行き渡り、ふっくらとしたもちもちのごはんに仕上げることができます。

熱伝導の高いアルミ素材を使用した内釜は、発熱性・蓄熱性・断熱性と、おいしくお米を炊くために欠かせない性能を備えています。ダイヤモンドフッ素によるコーディングが細かい泡を発生させより多くのお米に熱を伝えるほかにも、釜底には多数のくぼみをもうけることにより対流を活性化させる工夫が施されています。

タイガー魔法瓶(TIGER)

https://www.tiger-corporation.com/ja/jpn/feature/rice-cooker/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=ricecooker_gs_brand

タイガー魔法瓶は、厳選した土から作られた土鍋を内釜に使用した高火力な炊飯を特徴としているメーカーで、多機能高級モデルからシンプルなモデルまで、豊富なラインアップを揃えています。

タイガー魔法瓶では、土鍋を使うことにより高火力に耐えることが出来る内釜を実現しました。『ご泡火炊き』と呼ばれる炊き方で、圧倒的な火力ですみずみのお米まで熱を伝えると同時に、圧力に変化を加えて炊き上げ時にもちもちと弾力のあるごはんに仕上げることができます。また、高火力が細かな泡を生み出し、泡が米をしっかりと包み込むことでデンプンを閉じ込め、うまさを引き出しています。

そんな『ご泡火炊き』ができるのも、内釜に本土鍋を使用しているため。高温に耐えられるため、火力に頼った炊飯ができるようになりました。土鍋が持つ遠赤外線効果も、火力を高める要因の1つです。内釜成形段階で炭化ケイ素を配合することによって、従来に比べると熱伝導は2.5倍にアップしました。

おわりに

いかがでしたか?今回ご紹介したのは3社だけでしたが、他にも多くのメーカーが炊飯器を販売しています。それぞれ炊き上がりに特徴があるので、おいしいご飯を食べるためにもライフスタイルと好みに合った炊飯器を探してみるのもよいですね。

和牛セレブでは用途に応じた専用米(すき焼き・焼肉・ステーキなど)をご提供しております。
炊飯器と合わせてお米にもこだわってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました