スキレットでステーキを上手に焼くには?

キャンプ

みなさんは「スキレット」という調理器具でステーキを焼いたことはありますか?

スキレットは便利な調理器具で様々な調理ができますが、特にステーキを焼いて食べるのがおすすめです。

しかし中には「スキレットはステーキを上手に焼くためのポイントを知りたい」という方や「なぜスキレットがステーキを焼くのにぴったりなの?」と思っている方もいるのではないでしょうか?

今回の記事ではスキレットでステーキを上手に焼くためのポイントを紹介し、後半ではなぜスキレットがステーキにぴったりなのか紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください!

スキレットでステーキを焼く前のポイントは?

最初に、スキレットでステーキを上手に焼くためのポイントを4つ紹介していきます。

ちょっとしたコツですが、安いお肉でも充分美味しく食べることができますよ。

シーズニングを行う

買ったばかりのスキレットを使用する場合は、「シーズニング」というスキレットを油でコーティングする作業が必要です。

まず出荷時に塗られているさび止め用のワックスを洗い流し、空焚きをして表面に油を塗ります。

油を塗った後、さらにくず野菜を炒めて油を馴染ませ、油をふき取りさらに油を塗って油の膜を作っていきます。

中にはシーズニング済みの商品もあるので、購入する際にはチェックしておきましょう。

お肉を常温に戻しておく

ステーキ肉はあらかじめ常温に戻しておくことで、お肉に熱が均一に通りやすくなります。

凍ったままの状態だと、火の通りが不均等になり焼いた時に「表面は焼けているが中は生焼け」や「中まで火を通そうとして、表面が焦げる」といった事態になることも。

季節や気温によりますが、ステーキを焼く30分〜1時間まえには常温に戻すようにしておきましょう。

お肉の筋切りをしておく

焼く前に、お肉の繊維を断ち切っておくことも焼く前の大事なポイントです。

ステーキ肉を加熱していくと、お肉の繊維が縮こまって反り返ってしまうことがあります。

その対策として、あらかじめミートハンマーや筋切り棒などで繊維を断ち切っておくと、さらに美味しくお肉を食べることができますよ。

焼く前に肉に牛脂を塗っておく

スーパーなどで購入した安いお肉でも、牛脂を塗って焼くと美味しく調理することが可能です。

牛脂を塗ることで肉の表面に油のコーティングができ、水分の蒸発を防いでふっくらとした焼き上がりに。

牛脂を無料で置いているスーパーもあるので、お肉を購入する際にチェックしておきましょう。

ステーキを焼くときのポイントは?

次に、ステーキを焼くときのポイントについて紹介していきます

お肉の焼き上がり方にこだわってみる

お肉を焼く前に塩コショウでしっかりと下味を付け、まずは強火で表面を焼いていき、焦げ目がついてきたらひっくり返してさらに他の面も焼いていきます。

焼く時間の目安は1〜2分ほどですが、焼き上がりにこだわって時間を調整してみてもいいかもしれません。

例えば「ステーキ肉をレアで食べたい」という場合はお肉の表面を30秒ほど焼くと、レアの状態となり柔らかく肉汁も多くジューシーさを楽しめます。

レアで食べる場合は、新鮮なお肉を使うようにしましょう。

逆に「赤身が苦手」という方はしっかり赤い部分が残らないように加熱すると、ウェルダンの状態となりお肉の風味を楽しむことができます。

火力の強さによって焼き加減は変わっていくと思うので、焦げ付きに注意しながら焼いていきましょう。

アルミホイルで包み込む

両面を焼いた後はアルミホイルで包み、表面の熱を内部まで通します。

余熱で火を通すことで内部の赤身を残しつつ、肉汁をしっかり閉じ込めることができ美味しく食べることができます。

焼き加減については好みがあると思うので、焼き時間を調節して自分好みの焼き上がりを見つけていって下さい!

スキレットがステーキにぴったりな理由とは?

最後に、スキレットがステーキにぴったりな理由を紹介していきますね。

スキレットがステーキにぴったりな理由として、「食材をムラなく加熱できること」が挙げられます。

鋳鉄製で出来ているスキレットは熱伝導がよく、かつ保温性が高いため温度ムラができにくいという特徴があります。

そこでステーキを加熱すると短時間で一気に表面に焼き目をつけつつ、しっかり中まで火を通せるのでお肉の旨味や水分を逃さず、美味しく焼き上げることが可能です。

さらにスキレットでそのまま食べるのも、また雰囲気が出てさらに美味しく食べることができますよ。

また保温性が高く、時間が経っても温かい料理を食べることができるので、その点でもアウトドアむけの調理器具と言えますね。

まとめ

今回はスキレットでステーキを焼くときのポイントや、スキレットの特徴について紹介していきました。

これでスキレットについて詳しくなったのではないでしょうか?

ぜひスキレットでチャレンジしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました