ミネラルウォーターのほうが美味しくお米が炊けるって本当?

調理

日本人の食卓には、美味しいお米は欠かすことができません。

毎日、もしくは毎食お米を食べているという方も多いのではないでしょうか。

そんなお米ですが、炊飯の際に欠かせないものと言えばですよね。

今回は美味しいお米を炊くためには、水道水とミネラルウォーターのどちらが適しているのか、詳しく見ていきたいと思います。

お米と水の関係とは

お米は通常乾いた状態で保存されています。そのため、洗米によって水がお米に触れた瞬間、勢いよくその水を吸収しようとします。吸収される水ににおいなどがあれば、お米はそのにおいまで吸収してしまい、炊き上がり後のお米の味や香りにまで影響を与えることになってしまうのです。

そして、洗米だけでなく炊飯時の水加減の水も重要です。香りや味わいを左右するだけでなく、使用する水の種類によってはなんと炊き上がり後の食感や風味まで変わると言われているのです。

お米に適した水とは

それでは、お米には一体どんな水が適しているのでしょうか?

最適な水を選ぶポイントはずばり2つ、『硬度』と『pH』です。

硬度

硬度とは水に含まれるミネラル(マグネシウムとカルシウム)の含有量を表す指標のことで、WHOの分類では、『軟水(0~60mg/L未満)』『中硬水(60以上120mg/L未満)』『硬水(120以上180mg/L未満)』『非常な硬水(180mg/L以上)』の4つに分類されています。

日本では軟水が多く、水道水のほかにも国産のミネラルウォーターの多くが軟水となっています。一方ヨーロッパの水は比較的硬度が高く、輸入物のミネラルウォーターも硬水のものが多いのが特徴です。

4つの分類のうち、美味しいご飯を炊くのに適していると言われているのは『軟水で、お米がふっくら軟らかく仕上げると言われています。硬度の高い水でお米を炊いてしまうと、カルシウムがお米の繊維やペクチンと結合することで水の吸収を妨げてしまい、お米本来の甘味や風味が生かすこともできず、炊き上がりもパサパサになると言われています。

炊飯にミネラルウォーターを使う場合は、必ず『軟水』を使うようにすると美味しいお米に仕上げることができるでしょう。

pH

硬度の他にも、水にはpH(酸性・アルカリ性の度合い)という基準もあります。pHには1~14までの範囲があり、pH7が中性、それより数値が小さくなるにつれて酸性の度合いが強く、数値が大きくなるにつれてアルカリ性の度合いが強くなります。

日本の水道水は水質基準によって中性付近(5.8以上8.6以下)の値にあるよう定められていますが、市販のミネラルウォーターの中には酸性のものからアルカリ性のものまで様々な種類があります。

炊飯に使用する場合は『アルカリイオン水』と呼ばれるような弱アルカリ性の水を選ぶようにしましょう。弱アルカリ性の水で炊飯をすると、お米のでんぷんの糊化が促進されて軟らかく炊き上がると言われます。注意することは、アルカリ性の度合いが強い水を使わないこと!アルカリ性の度合いが高い水を使用してしまうと、炊き上がったご飯がべたついたり変色したりすることがあるので、必ずpH9未満の水を使うとようにしましょう。

炊飯に適している水はどっち?

日常生活において、最も身近にある水と言えば水道水だと思いますが、お米を美味しく炊くためには、ミネラルウォーターと水道水のどちらを使うのが良いのでしょうか・

水道水の最大のメリットといえば、蛇口をひねれば出てくる手軽さだと思います。

安全性においても、日本の水道水は水道法によって水質基準が厳しく定められているため、そのまま飲んでも安全で味わいも美味しいものになっています。

一方、炊飯に使う水としてのデメリットとしては、水道水に含まれる塩素のにおいが挙げられます。塩素は安全な水を作るために欠かせないものですが、独特なカルキ臭を生じることもあります。

お米と水の関係でも述べたように、水のにおいはご飯に影響を及ぼします。

炊飯に水道水を使いたい場合は、カルキ抜きをしっかりと行ったり、浄水器を使うことをおすすめします。

手軽に美味しいお米を食べたいという方は、ミネラルウォーターを使うことも一つの手だと言えるでしょう。

その際一つだけ気を付けたいのは、『軟水』のもので『pH9未満の水』を使うこと!

これさえ守ることができれば、手軽に美味しいお米を炊くことができます。

おわりに

いかがでしたか?

ご飯を炊く際には水が大事と言っても、すべての場面でこだわる必要はありません

お米の味や食感を左右する重要なポイントのみ、ミネラルウォーターを使うようにすれば良いのです。

一番おすすめの方法は、お米が最初に触れる水はミネラルウォーターにし、中間のすすぎには水道水を使うこと。もちろんご飯を炊く際にもミネラルウォーターを使うのが良いでしょう。

ミネラルウォーターと水道水を上手に使い分けながら、ぜひ美味しいご飯を楽しんでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました