初めてのお肉にも!子どもにもお肉ギフトがおすすめな理由

かわいい子どもギフト

誕生日や七五三など、子どものお祝い事は数多くあります。

親の意向も気になり、子ども向けのギフトに何を贈ったらいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

子どもへの贈り物はお肉ギフトがおすすめです。
この記事ではおすすめの理由を詳しく解説します。

子どもの味覚は大人以上に繊細

父と子

「子どもには味がわからない。高いお肉なんてもったいない」と思う人もいるでしょう。

子どもは大人に比べ、とても敏感な味覚を持っています。
舌には味を感じ取る味蕾という器官があり、甘みや塩気など、さまざまな味を感じ取っています。

ところが子どもには数多くある味蕾は、大人になるにつれ半分以下にまで減ってしまい、味覚が鈍感になるようです。

「子どもの頃は苦手だったピーマンが、大人になったら食べられるようになった!」という経験はありませんか?
これは大人の味覚になったのではなく、子どもの頃より味蕾が減り、苦手だった味を感じにくくなったためです。

味覚の発達は3~4歳でピークを迎え、その後10歳までに食べたものの味が、人生の味覚の基礎となるとされています。

子どもはミルクから離乳食に移る過程で、だんだんと食べられるものが増えていくものです。
そのなかで味覚や食感、匂いで食べられるものを学習し、成長します。
さまざまな食品を少しずつ食べさせて、子どもの味覚を育てていきましょう。

子どもだからといって、食べ物を制限せず、さまざまなものを少量ずつ与え、子どもの成長を促すのが大切です。

幼少期の食事は一生もの

たくさんの思い出

幼少期の思い出は、その後の人生の大きな力になります。

「子どもの頃、お母さんの作るカレーが好きだったな」
「おばあちゃんの畑で食べた採れたてのトマト、おいしかったな」

大人になってから、具体的なシチュエーションは思い出せないけど、子どもの頃に楽しかった思い出だけは残っているという経験はありませんか。
幼少期の思い出は一生のものになります。

子どもの食生活は、精神面での発達にも作用します。

子どもは成長の過程にあり、生活や行動も日々変化しています。子どもは食事を通して、食事を作る人や食べるものの情報を得て、学習していきます。

「この野菜はどうして甘いんだろう?」
「このお肉はいつもよりやわらかい、どうしてだろう?」

子どもにさまざまな経験を与えることは、考える力を養う訓練にもなるでしょう。

なかには、どうしても食べられないものがある子どももいます。
ほかで栄養を補うものが食べられているなら、無理に食べさせないことも大切です。

子どもが食事に嫌な思い出だけを持たないよう、ときには子どもの意思を尊重しましょう。

大人も子どもも楽しめるギフトにはお肉がおすすめ

仲の良い家族

大人でも子どもでも楽しめるギフトにはお肉がおすすめです。
肉を嫌いな人は少なく、誰に贈っても喜ばれます。

とはいえ「子どもにお肉ギフトなんて早すぎる」という人もいるのではないでしょうか。

本章では子どもにお肉ギフトを送る理由と、選ぶ際の注意点を紹介します。

ハレの食事とケの食事

普段の食事をケの食事、お祝いなどイベント時の食事をハレの食事といいます。
ギフトはお祝いの際に贈ることが多いものです。

普段の食事に高級肉を食べるのはぜいたくでも、たまのハレの食事に良いお肉を食べるくらいはよいのではないでしょうか。

たまに良いものを食べるのも、良い経験となり、子どもの豊かな感性を育ててくれるでしょう。

子どもの咀嚼力と消化力に配慮

小さな子どもに食べさせたい、とお肉ギフトを選ぶ際、子どもの咀嚼力と消化力が問題になります。

幼い子どもはかむ力が弱く、硬い肉を食べるのに苦労します。
繊維が多く、かみ切りづらい、飲み込みにくいという理由で肉を敬遠する子どもも多いのではないでしょうか。

子どもは大人に比べて消化器官が未成熟なので、脂の多いものの消化には特に負担がかかります。

お肉ギフトにはやわらかい加工品が入っているものや、脂身の少ないものを選ぶとよいでしょう。

子ども向けの食事は、子どもが食べなければ処分するか、親が食べるかになりますよね。
子ども向けの食事は大人が食べるには、薄味で物足りない場合が多いようです。
お肉ギフトの場合、大人も楽しめる内容になっているものが多いので、無駄にはなりません。

子どものギフトに何を贈ったらいいか、お悩みの際にはお肉ギフトを候補に入れてみてはどうでしょうか。

子ども向けお肉ギフトには和牛セレブを!

セレブすぎるハンバーグ

和牛セレブの「セレブすぎるハンバーグ」は、国産牛のなかで0.36%しかいない稀少なあか牛を配合した、子どもにも食べやすいハンバーグです。

あか牛は自然のなかでのびのびと育てられ、やわらかい肉質と和牛特有の甘い香りを持っています。
あか牛のたんぱく質は100gあたり14g、脂質は100gあたり7.6gと高タンパク低脂質で、子どもにもおすすめです。

赤身のさっぱりとしたハンバーグは、肉本来の旨味が凝縮されていて、本格的ながらとても食べやすくなっています。

未来を担う子どもたちへの贈り物に、和牛セレブのセレブすぎるハンバーグを贈ってみてはいかがでしょうか。

セレブすぎるハンバーグの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました