内祝いとは?おすすめのギフトを紹介!

内祝いギフト

身内にお祝いごとがあったとき、内祝いを考えたことはないですか?
いざ内祝いをするとき、どうすればよいか困ったことがある人も多いのではないでしょうか。

本記事では内祝いによく贈られるものや、避けたほうがよいものを紹介します。
おすすめのギフトも紹介するので、ぜひ読んでみてくださいね。

内祝いとは?

内祝いの準備

最近の内祝いは、お祝いをもらった際のお返しとして品物を贈る文化になっています。
本章ではお祝い返しと、内祝いの違いを紹介します。

内祝いは喜びのおすそ分け

お祝いをもらったとき、内祝いをお返しに贈ることが多いものです。
内祝いは本来「自分の慶事に、幸せをおすそ分けする」という意味があります。

もともと、内祝いはお祝いをもらわなくても、自発的に送るものでした。
しかしお祝いを贈ってもいないのに、内祝いが贈られたら、お祝いを催促されたような後ろめたい気持ちになる人も多いようです。

そのため現在では、お祝いをもらったお返しとして、内祝いを贈る文化になっています。
「お返し」という言葉は、内祝い本来の「幸せのおすそ分け」に反しているという考えがあるため、内祝いと呼ばれています。

お祝いをもらっても、もらっていなくても、自分の幸せのおすそ分けに品物を贈れるのが内祝いです。

内祝いの種類

内祝いはおもに自分の身内にうれしいことがあった際に贈ります。

  • 結婚祝いの内祝い
  • 出産祝いの内祝い
  • 新築祝いの内祝い
  • 退院祝いの内祝い

このなかで、結婚祝いは式の引き出物があったとき、新築祝いは新居に招いたときは内祝いを贈る必要がありません。
引き出物と、招待が内祝いに相当するとされています。

内祝いの金額目安と贈る時期

お祝いのお返しとして内祝いを贈るとき、いただいたお祝いの1/3〜半額の品物を用意します。

お祝いが届いたら、すぐにお礼の電話かお礼状を書きましょう。その後1ヶ月以内をめどに内祝いを贈ります。

贈るのが早すぎると「お祝いされるのを待っていた」と思われるので、お祝いが届いてから1週間ほどで贈ると良いでしょう。

内祝いにおすすめなもの

OKサインをする女性

本章では内祝いにおすすめなものを紹介します。
内祝いにお悩みの際は、ぜひ参考にしてみてください。

食品

食品は内祝いの定番ギフトです。
価格帯も幅広く、食べてしまえば形に残らない消え物なので、受け取る側への負担にも配慮したギフトといえるでしょう。

普段自分では買わないような高級食品を、ギフトでもらうとうれしくなりますよね。乾物や冷凍できるものだと、期限が長めに設定されているのでおすすめです。

消耗品

食べ物を贈ることに抵抗がある場合はタオルなどの消耗品がおすすめです。タオルは日常的に使うものなので、誰にでも喜んでもらえます。

特にタオルは色やデザインなど種類も豊富なので、贈る相手によって工夫できます。

消耗品でも洗剤などは好みが激しいので、相手の好みがわからない場合は避けたほうがよいでしょう。

カタログギフト

カタログギフトは値段を設定しておけば、相手が好きなものをカタログから選んで注文できるので、相手の好みがわからないときにおすすめです。

カタログギフトは相手が好きな時間に好きなものを頼めるというメリットがあります。
デメリットには、カタログに注文期限があること、カタログに好みの品が少ないことがあります。

贈る側としても相手の好みを気にしなくてもよい点は助かりますが、相手の喜ぶ顔を思い浮かべるのも、ギフト選びの楽しみですよね。

内祝いにNGなもの

バツサインする男性

内祝いに限らず、ギフトとしてふさわしくないとされるものがあります。
本章ではギフト選びで避けたほうがよいものを紹介します。

地域によっても異なりますので、ギフトを贈る際には一度地域の風習を確認しておきましょう。

金銭

内祝いとして金銭を贈るのは好ましくありません。値段がはっきりとわかってしまうため、金銭ではなく品物を内祝いとして選びます。

刃物

刃物は相手との縁を切る意味を持つとされ、贈り物としてふさわしくありません。

身に着けるもの

目上の人に下着や衣類などを贈ると「着るものがないと思っている」と受け取られる可能性があります。

リクエストされない限り、避けたほうがよいでしょう。 

一般に縁起が悪いとされているもの

割れると不吉な印象のある鏡や、法事の際に渡されることの多かった緑茶など、贈り物にするには縁起が悪いとされているものは避けます。

どうしても贈りたい場合は「おいしいお茶ですので、ぜひ味わっていただきたいです」など一筆添えてから贈りましょう。

相手の好みに合わないもの

いくら幸せのおすそ分けといっても、相手の好みも考えなければいけません。
あらかじめ苦手なものなどがわかっている場合には避けるようにしましょう。

特に洗剤や化粧品などは、相手の好みがわからない限り、避けたほうが無難です。 

ギフトとして避けたほうがよいものは多くあるので、煩わしく感じる人も多いでしょう。
しかし不快に感じる人もいるのでマナーとして残っています。

強いこだわりがあったり、相手が希望していたりする場合を除いてはできる限り避けましょう。

内祝いには和牛セレブがおすすめ!

セレブすぎるハンバーグ

数多くのギフトのなかから内祝い選びにお悩みのときは、当店のお肉ギフトがおすすめです。

和牛セレブの「セレブすぎるハンバーグ」は、幻の和牛ともいわれる稀少なあか牛を使用したぜいたくなハンバーグです。

自然のなかで育ったあか牛は濃縮された旨味と、和牛本来の果実のような甘い香りが特徴的な和牛です。
やわらかなハンバーグからあふれだす肉汁は、食べた人をうならせること間違いありません。

予算にあわせてハンバーグのみ、ハンバーグと国産高級ステーキ肉のセットからご注文いただけます。

内祝いにはぜひ、和牛セレブをご利用ください。

セレブすぎるハンバーグの詳細はこちら

セレブすぎるハンバーグ+ステーキの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました